事業内容

ライフキャリアにイノベーションを起こそう!
協働・共創のソシオスタイル

私たちは、法人研修事業とライフキャリアイノベーション事業により、「自分も周囲も幸福な生涯キャリア形成」を支援します。

将来に希望を持つことができれば「イマ」の充実度が高くなります。
低成長時代には、健康寿命と同時に「自立的に働くキャリア寿命」を延ばすことが必要です。
そのためには、組織によりかかる働き方ではなく、自分の価値を自ら高める自立的な働き方を選択することが大切です。

20代〜40代と40代中盤以降では、将来を見据える意味あいが変わります。
多くの組織で、50代には、役職定年を経て、これまでの「続き」ではない働き方と向き合うキャリアの転機を迎えます。
この時期は、50代以降、どのような働き方や暮らし方をしたいのかを考え、働き方を変えるチャンスです。
キャリア寿命を延ばすためには、これまでの知見と経験をたな卸しして、自分が実現したい将来を描き、必要な情報を収集し、自らの価値を高める働き方を選択しなければなりません。
ソシオスタイルでは、50代以降の人材モデルとしてプラチナプロフェッショナルという人材像を提案します。

私たちは、「自立的に働くキャリア寿命」を延ばすために、法人研修事業では、お客様と組織の期待を理解し、自身の存在価値を高める働き方を支援します。
また、ライフキャリアイノベーション事業では、50代以降の働き方、暮らし方を考える場と共助のコミュニティを提供します。

生涯キャリアの考え方

  • 20代、30代【守】:先達の知見を学び、トライアンドエラーを繰り返して自身の知見に変える
  • 40代~50代【破】:専門領域を深耕し、自分の強み(暗黙知)を体系化
  • 60代:プラチナ・プロフェッショナルに!自分らしく、地域と調和する働き方、暮らし方を追求

20代、30代【守】:先達の知見を学び、トライアンドエラーを繰り返して自身の知見に変える。40代~50代【破】:専門領域を深耕し、自分の強み(暗黙知)を体系化。60代【離】:プラチナ・プロフェッショナルに!自分らしく、地域と調和する働き方、暮らし方を追求

プラチナ プロフェッショナル。専門分野において独自の存在感を示す。自己の強みを認識し、社内価値、市場価値を理解している。人生と仕事を楽しみ、社会と関わりを持つことに意義を見出す。自分の生き方を重視し、組織、社会への貢献意欲が高い。